茨城の地で永代供養墓・樹木葬・樹林墓地ならふくはら霊園

茨城の自然に囲まれた清らかな社-樹木葬・樹林墓地・永代供養墓のふくはら霊園-(宗旨・宗派不問)大地に抱かれ自然に還る出雲大社の自然葬
樹木葬・樹林墓地・永代供養墓のふくはら霊園:最新情報 千葉TVCM放送中
千葉TV CM放送中
 
神葬祭のすすめ ■出雲大社のご祭神は大国主大神(だいこくさま)で、この世(現世)では縁結びの神として、あの世(幽世)では人々の御霊の安寧を司る神様です。
■生前にご自分のご葬儀のことを良く考え、予めお願いしておくことが大切だと存じます。特に、ついのすみかの生前予約をされた方は、ご葬儀から納骨まで一貫して出雲大社へお任せいただきますようおすすめしております。
平成25年3月20日開園 ペット樹木葬霊園 ■茨城のペット専用樹木葬霊園 平成25年3月20日開園。
ペット葬から火葬、納骨までお任せ下さい。
樹木葬・樹林墓地・永代供養墓のふくはら霊園は笠間西IC近く

永代供養、樹木葬・樹林墓地をお考えの方は茨城のふくはら霊園へ。
ふくはら霊園は、出雲大社の神様に見守られた聖域です。礼拝施設や会食スペースも充実しており、300台収容の大駐車場を完備、また加波山を望む景観の素晴らしさは清々しい気持ちにさせてくれます。

永代供養をご希望の際は、永代供養墓「ついのすみか」をご利用ください。ふくはら霊園の永代供養墓「ついのすみか」は、ご遺骨を骨壷から取り出し納骨袋に包み合葬する方式と一定期間納骨室へ骨壷を安置後、合葬する方式から選ぶことができます。永代供養墓「ついのすみか」では毎年、春夏秋彼岸には神主による慰霊祭が執り行われ、安心して死後を託すことができます。

また、ご希望であれば自然葬のひとつである樹木葬もお選びいただけます。神社などが有する鎮守の森は、お山そのものが信仰対象として存在し、古代において人が亡くなると山に埋葬していたことを考えると、自然葬・樹木葬は葬送の原点に立ち返り、日本人の死後観にあった埋葬方法として定着するものと、ふくはら霊園は考えております。

樹木葬とは、墓所にご遺骨(焼骨)を直接土に埋葬し、墓石ではなく樹木(花木)を植え、その木と共に御霊が鎮まるという埋葬方法で、自然と共生するお墓であると言えます。ご遺骨を土に直接埋葬することで、自然にかえることができ、そしてお墓参りにくれば森林浴ができ、明るく楽しい気分で故人を偲ぶことができます。

樹木葬は、墓石を必要としない地球環境にやさしいエコロジー的埋葬方法であることや、生前に植栽を済ませ親しみを持った花木の下に眠る事ができることなど、魅力のある新しいお墓として注目を集めており、自分の一生を考え、死後のことまで決めておく自己完結型の人々に受け入れられています。また、墓石などの代わりに花木を使用し、無駄な経費がかからないことも樹木葬の魅力のひとつであるといえます。

永代供養墓の管理運営は出雲大社常陸教会が行っております。
樹木葬・樹林墓地、永代供養墓については生前予約も可能です。永代供養墓のお申込者の半数以上は生前予約です。
その他、樹木葬・樹林墓地、永代供養墓について不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。